Author

未分類

転職すると、大体の場合、それまでの会社の仕事は美化されます。

転職したケースでは、大体の場合、以前の会社の仕事は大方の出来事は美化されます。実を言えば現在の会社に向いていないと感じたから、次の仕事を探して思い切って新たな仕事に就いたのに、いつの間にかどうしてかわからないけれど新しい会社よりも「前の仕事のほうが心地良かった」と思うことが増えてきます。
未分類

転職の活動をしている最中は、常に心のうちが急がないというこ・・

転職の活動を効率的にやっていくには、なにはともあれ必ず心が沈着であることを心がけましょう。働きながら転職活動をしている場合、それほど気にしなくても良いとは思いますが、退職後に行う場合、心のうちが焦ってしまいます。ですので、冷静に転職活動を続けていきましょう。
未分類

女性が再就職する時、今現在と数年前では少し変化があるようです。

女性が再就職するに当たって、セクハラが社会的に問題になる前と現在とでは多少の変化があるようです。前までは面接のなかで会社側から、結婚観や結婚後の仕事などのことに関して、質問されることが珍しくありませんでした。しかし、最近の動向としては、こういったデリケートな内容は、「セクハラ」に該当しかねないために、質問を避ける会社が増えています。
未分類

近時は、ブラック企業がメディアで取り上げられたりし・・

今日では、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件に対する取り締まり強化が実施されたり、悪質な会社が公表されたりするなど、厳罰を与える傾向にありますが、完全には至っていないと思われます。そのため、面接で見破る必要が出てきます。求人票などに記載された労働条件をチェックし、怪しい点について質問をぶつけてみることです。
未分類

再就職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」…

もしもあなたが再就職をする場合、「Uターン」「Iターン」において大都会から地方に移住しつつ、再就職したいと考えている人が、ここ数年で増加傾向にあります。今では転職サイトを見れば、国内全エリアの求人も手軽にアクセスできるようになりました。残念ながら郊外や地方での求人情報では、都市部ような選択肢がないというのが大きく違うところで、そういった点でマイナスといえます。
未分類

これから先、転職活動をするのなら、良いと思う求人(職種)…

転職活動のとき、気になる求人(OR 業界)を見つけたら、100%「〇〇業、ブラック、デメリット」でネット検索し目を通しておくべきです。求人票や転職エージェントから入ってくる言葉からは、まずその業界に関するマイナス部分について教えてはもらえません。もしも、ブラック案件が多い業種であれば、ネット検索を通じて多くの事例に触れられるはずです。
未分類

転職時の面接で着るスーツの色味は、新卒の就活の際にに身に付けている…

職を変える時に必要なスーツの色については、新卒の就活に準じたカラーが一般的です。ですので、黒や紺色のダークな感じの色になります。それは転職のケースであっても、着用するビジネススーツの色合いは黒系や紺系のダークカラーがほとんどで、他の色のビジネススーツの人はあまり見ることはありません。
未分類

転職をする際に注視する募集事項に関しては、基準的なものとして、アバウ…

仕事を探しているときに閲覧する求人情報に関しては、一般的なものとして掲載されている可能性があります。ですから、そこに掲載されている内容は何もかもが正しいことだとは考えるのはやめておいたほうが好ましいと言えます。その中でもとりわけ給料の金額などに関しては、社員を平均した額なのか?最低限保証されている給料であるのか?それとも最高値の金額であるのか?というような読みができる転職者は少なく、自分の勝手な判断で解釈してしまうと、後からそのことを悔いる可能性も少なくはないのです。
未分類

勤めていた会社で性格のきつい上司に困ってしまい、最後・・

初めて働いた会社で性格が合わない上司に神経を削られ、その結果耐えきれずに退職し、同業他社に変えました。そこではパワハラもなく満足のいく毎日でしたが、ちょっとずつ会社の売上が悪くなって、ついにはとある会社に経営統合されることとなりました。そして経営統合の相手は驚くなかれ前働いていた会社で、その上転職のきっかけとなった上司が再度私の上司になるそうです。
未分類

最近の転職事情では、政治による影響が出始めています。

昨今の転職事情は、政治によって左右されつつあります。安倍総理による現政権によって、アベノミクスや「三本の矢」などの経済政策が次々と打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策が日銀による「金融政策」との相乗効果によって、財界・民間企業間でも新時代となる社会的な変化が現れ始めています。
タイトルとURLをコピーしました