求人サイトをチェックする際、「事務系の仕事をしたい」と考えている人…

求人をチェックする際、「デスクワークがしたい」と思っている人・・

求人をチェックする際、例えば、事務系の仕事が希望だからと、はなから製造業はチェックしない人がいます。そのような人の多くは「製造業って、現場で製造する仕事しか求人募集しない」と誤解している場合もあります。事実、製造業の求人募集でも、現場作業者だけでなく、総務・経理と言った 人材 や資材、購買、営業管理などの「オフィス系」に分類される役職も相当数あります。ただ、製造業の仕事場自体、オフィス街から外れた地域にあるので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その箇所がマイナスと思うかもしれません。そうした事には自身のこだわりを捨てることでよく考えた方が良いですね。

もしも転職を予定しているのなら、事前に資格を取得することでステップアップできます。

もし近い将来、転職するのなら、資格を取得することで有利になります。とくに、在職中に資格取得しておけば、転職活動時にあたって幅が広がるので、転職先を探しやすいです。そういうわけで、在職中であり、かつ転職活動前の段階が資格取得においてのもっとも好ましいタイミングといえます。あなたが将来を考え、このあと役立つ可能性の高い資格を持っておくと、現在の仕事を辞めたとしても悔やむことなく次に進めます。また、資格を取ってからの転職活動では資格が味方をしてくれるので面接時に面接担当者に「即戦力」と見なされ、待遇も良くなる可能性があります。

転職で面接でおいてほとんどの人が聞かれるのは前の職場を辞めた…

転職の面接でほぼ100%投げかけられるのは退職した原因のことですが、この質問に回答する際には話の中心を辞職した会社に向けない方が最善です。前職を辞めるに至った経緯が的にされてしまうと必ず悪い印象を与える要素を伴った話になってしまいます。どうこの点に関して話せば良いかと言うと、どうして前職を退職したのかという事をこちらの会社に必ず入りたかった理由があるという内容にしたら良いということで、自己アピールもかねて今、自分が入りたい会社の方に話の方向をもっていくべきなのです。転職理由でも、その会社の内容であればマイナスではなく積極性を前面に押し出したものに変えることが可能です。

違った職場の社員になりたいと転職をする活動をしている中・・

もっと良い企業に入りたいと転職活動をするとき、「1日でも早く、内定(採用通知)がほしい」と考えるはずです。ですが、それで採用通知ほしさのばかりに、自身の能力に関して嘘をついたり、その逆で自分を過小評価するかのような言動はぜったいに避けておきましょう。そうではなくて、焦る気持ちをブレーキを掛けて、冷静に客観的に考えながら自分にピッタリな職場を探すことに専念しましょう。これまでの経歴が生きるように、そして、今後のキャリアアップが図れる場所を見極めましょう。

転職期間中は、趣味に時間を費やすことに加え、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れ…

転職期間中には、自分の好きなことに打ち込むほか、体力を損なわない生活をしておくと良いです。転職先が決まり、いざ仕事を再開したときに、趣味に没頭していたおかげで知らない間に集中力が上がります。さらに体力アップが図れていることで、その場の社員たちと比べると疲れない体になっているということを自覚します。そのため、退職したら好きなことに打ち込むことと、体力アップをしておくことをしておいて損することはありません。また、職場であなたと共通の趣味の人と出会えれば、話が盛り上がるので、趣味を極めることが転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。


経営コンサルティングなら東京の英知コンサルティングへ
経営コンサルティング、人材育成コンサルティング、個人コンサルティング、FPコンサルティングなら東京の英知コンサルティング株式会社へ。国内唯一、全コンサルタントがMBAまたは中小企業診断士。全国対応。

コメント

タイトルとURLをコピーしました